ジェルネイルをして深爪になった?痛くなった!一時的対処法

fukadume

ネイルサロンでジェルネイルをしてからしばらく経って、
何かちょっと痛みを感じる…
深爪みたいになっている気がする…
という経験はありませんか?特にフットの季節、足回りの爪が痛くなると憂鬱ですよね。

これはもちろん個人差が大きいのですが、
ジェルと爪の相性に原因があると思います。

ジェルネイルのジェルは現在すごくたくさんの種類がありますが、
特に「爪を削らずに使用できる(ノンサンディング)」ジェルや
「特に持ちが良い(密着が高い)」と言われるジェルは
巻き爪になってしまうことがあるように思います。
ただし使用したら必ずなるわけではなく、やはり個人差があります。

爪が巻いてしまうと爪の横部分の指の皮膚に爪の角が食い込み痛くなってしまいます。
いわゆるこれが巻き爪です。

コレを一時的に改善するには
皮膚に当たっている部分の爪の角をほんの少し削る(角が取れる程度)と改善されます。ただしガリガリ削ってはイケマセン。短くしすぎると悪化してしまいます><
見た目では削ったか削っていないかくらいの感じです。
厚みがあるヤスリでは上手く削れないので、薄いヤスリを使用するとピンポイントで削りやすいと思います。

また体質的に巻き爪になりやすい方はあまり爪を短くしすぎない(深爪にしない)ことも巻き爪予防になります。ネイルサロンに行ったら「巻き爪になりやすい」と一言教えてくださいね。

今回ご紹介したのはジェルによって巻き爪になってしまった場合の一時的な対処法です。
我慢せずにネイルサロンにご相談ください。
サロンとしてもご相談いただければ、お客さま一人一人のジェルとの相性が分かるのでとても嬉しいです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です